貴景勝

大相撲の1年締めくくりの九州場所は、小結・貴景勝が13勝2敗で嬉しい初優勝。

今場所は横綱・稀勢の里が途中休場してからは、横綱不在の場所となりました。そんな荒れた展開の中、大関・高安と最後までデッドヒートを繰り広げ、制しました。

貴乃花親方の一連の件で部屋も消滅。心が折れそうな場面ですが、よく頑張ったと思います。

adtDSC_7898-750x499.jpg

母・純子さんは頭からぶつかる競技が心配で、力士になることに最後まで反対していたんだとか。優勝で何よりの恩返しになりましたね。

今後は大関取りが視野に入ってきました。新しい時代のヒーローとなれるか、注目が集まります。

この記事へのコメント