松任谷由実

平成最後の紅白歌合戦。紅白の枠を超えた究極の大トリとして登場したサザンオールスターズがラストを飾りましたが、40周年のサザンのデビュー時に既に活動していたのがユーミンこと松任谷由実さん。

「ひこうき雲」と「やさしさに包まれたなら」の2曲を披露しましたが、別会場からNHKホールへ移動はサプライズだったようです。



総合司会のウッチャンは驚き、aikoさんは感極まって涙。抜群の演出でした。

ラストで暴れる桑田佳祐さんの頬にキスをするのも、サプライズでしょう。偉大な歌姫と桑田さんの豪華なツーショットで平成の紅白は幕を閉じました。

若く新しい人達も出てきており、新時代の紅白も楽しみですね。

この記事へのコメント