うんこ漢字ドリル

子供がなかなか勉強しない、遊んでばかりという悩みを抱えている親も少なくないと思います。

好きこそものの上手なれ、という言葉があるくらいに興味のある分野なら吸収も速い。楽しみながら学べることができれば理想的ですね。

うんこ漢字ドリルというものが、少し前に子供たちのあいだで人気になりましたが、息の長い商品になりつつあるようです。

楽しみながら、いつの間にか学べるという要素を取り入れているのが、人気の秘訣なのでしょうか。

漢字ドリルなんですが、問題がぜ~んぶ、うんこがらみ!

小学1年生から6年生までに習う漢字が1006字あるそうなんですが、1字につき3つの問題として全3018文の全てに「うんこ」が出てきます。

例えば、「田」の問題なら、「田んぼのどまん中で、うんこをひろった。」という感じです。

choju40_0012.png

そして笑えるのが、現実にそんな場面ないでしょーって突っ込みたくなる問題です。

例として、「博」を用いた問題では、「ドイツの工学博士が、うんこと話せる機械を発明した。」といった感じです。

小学生くらいの子供って、「うんこ」や「うんち」という言葉に反応しやすいと聞いたことがありますが、それを漢字ドリルと結びつけてしまう着眼点の鋭さに脱帽です。

大人が見ると、なんじゃこりゃですが、子供からすると笑えて楽しみながら、いつの間にか漢字を覚えているといったところが人気の理由なんでしょうね。



posted by しんや at 13:35Comment(0)生活

火災保険

勢力の強い台風が、立て続けに日本列島を過ぎ去って行きました。

今年は特に自然災害が多いような気がします。台風、地震、洪水、土砂崩れ、などなど。

災害の度に被害状況を伝えるテレビの映像もショッキングなものです。

せめて保険がおりて、金銭的な面だけでも救われてほしいものですが。

火災保険って、名前からして火事以外の災害では保険金もらえないと思われがちですが、約9割の火災保険は火事以外の雪、雨、風、雷の被害にも適用できるそうです。

house_kekkan_jutaku.png

台風で一戸建ての屋根が壊れた、ということはありがちですので、心当たりのある人は契約している保険会社に確認したほうがよさそうですね。

でも、証拠写真や書類の作成などが必要なようで、素人が保険会社に請求書を作るのは、なかなか大変。

でも、ご心配なく!プロが保険会社への手続きを、代行してくれるそうです。これは心強いです。
↓ ↓ ↓

posted by しんや at 18:56Comment(0)生活

喪中ハガキ

早いもので9月も後半。今年もあと3ヶ月ちょっと。

年末の足音が少しづつ聞こえてきたような、まだなような。

年末関連のイベント、まず最初にくるのは喪中ハガキです。

hagaki_1mai.png

忙しい毎日、特に多忙を極める年末は、人に頼めるところは頼みたい。

というわけで印刷サービス。

早割だと40%引きのところもあったりして、かなりお得です。

お金も時間も節約して、他の作業に時間を当てたいですね。





posted by しんや at 23:23Comment(0)生活